鶴亀

kamestry氏が考案した、段差のズレを利用して、離れたところにある連鎖を繋げる技術のこと。階段を応用した技術で連鎖尾などで多く用いられる。