読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツモ補正

配ぷよの規則性に対する影響度合い。一見完全ランダムに見える配ぷよだが、バランス良く色が来る機種もあれば、色が偏る機種もある。配ぷよのランダム性が高い程、ツモ補正弱いと表現され、規則性がある場合には、ツモ補正強いという。

ツモ補正が強い機種に慣れていると、ツモ補正が弱い機種だと上手く連鎖が組めない場合がある。

 

シリーズ別のツモ補正例

  • ぷよぷよ通、ぷよぷよ!!20th、ぷよぷよテトリス

→128手色均等、初手2手が3色以内(AC版ぷよぷよ通では3手)

128手(ぷよ256個)では均等の配色が降ってくる。フィールドは72マスなので、実質ランダムに近い。 

  • ぷよぷよフィーバーオンライン(クラシック)、ぷよぷよ!15th

→16手色均等、初手2手が2色または3色

色の偏りが少ないので、ある程度簡単に連鎖が組める。