【連鎖講座その1】まずは2連鎖3連鎖から。連鎖とはなにか。

まずは2連鎖3連鎖から。連鎖とはなにか。 

目標:3連鎖

ぷよぷよで連鎖を覚える上で、まずは連鎖がどのような仕組みで起きるのか考える必要があります。これが分かると、これまでカエル積みのようなフィーリング連鎖に頼っていた方々も考えて連鎖を組めるようになると思います。

 

連鎖の仕組み

連鎖が起こる仕組みは大きく、階段挟み込み、そして幽霊の3つあります。幽霊についてはここでは考えず、階段挟み込みについて考えていきます。

階段

まずは階段ですが、ぷよが消えたときに発生する段差のズレを利用して連鎖を起こすことをいいます。以下の図ではぷよが消えると、ぷよの上に乗っかっているぷよが下に落ちて連鎖になります。

挟み込み

次に挟み込みです。挟み込みは、ぷよの間に別の色のぷよを挟んで、挟んだ色のぷよが消えることで連鎖が発生する仕組みのことです。以下の図ではの間に赤を挟んで消えないようにした後で、が消えることで連鎖になります。

 

以上の2つが主に連鎖が起こる仕組みになります。幽霊を除けば、すべての連鎖はこの2つから成り立っているのです。

 

実践

仕組みが分かったところで、早速実践に入りましょう。上の仕組みを使って連鎖を作ります。はじめは挟み込みを使って3連鎖を作ってみましょう。

手順1 とにかく3つ繋げる

まずはとにかく降ってくるぷよを使ってどんな形でも良いので3つ繋げて下さい。使わないぷよは端に避けて大丈夫です。

f:id:Oscillator:20160217142307p:plain

手順2 繋げたぷよとの間に何か挟む

次に繋げたぷよと何か別の色の組み合わせが来たら、消さずに挟みます。図の場合にはを挟むように黄色を置きました。

f:id:Oscillator:20160217142741p:plain

手順3 挟んだ色を3つ繋げる

挟んだ色も3つ繋げてみます。同じように使わないゴミぷよは外側において下さい。この時、間違って繋げたぷよを消さないように注意して下さい。この時点で黄色を消すと2連鎖になります。

f:id:Oscillator:20160217143408p:plain

手順4 挟んだ色の間にもう一個挟む

3連鎖にするためにもう一個挟みます。黄色を間違って消さないように別の色を挟んで下さい。

f:id:Oscillator:20160217143855p:plain

手順5 2回目に挟んだ色を消す

作った連鎖を起爆します。この場合にはを4つ繋げて連鎖を開始します。

すると以下のように消えていきます。( [>を押して再生してみて下さい)

 

3連鎖できましたでしょうか?これを永遠に繰り返していくと大きな連鎖も作ることができるようになります。まずは3連鎖が安定して打てるまで練習して下さい。

3連鎖できるようになったら次のステップへ。