見切り発火

凝視などで相手のフィールドを確認した結果、勝てると判断して先打ちすること。

おじゃまぷよの落下などで飽和連鎖量で勝っている場合には、無理に伸ばさずに見切り発火することが多い。