壁越え

まわしを利用して、12段目まで置かれたぷよを越えて壁の向こう側へぷよを置く技術のこと。